開いています... 目の眼2017年9月号
目次

奈良 岡本彰夫

車 武田公実

数学 田森佳秀

大英博物館 矢野明子

勾玉 日本美のはじまり

Special 巻頭エッセイ 梅原 猛

I. 聖地の勾玉 出雲大社/石上神宮/飛鳥寺/東大寺

拝観・観覧情報

II. 古代・玉作りの秘境 新潟・糸魚川

特別寄稿 勾玉と二人の文士 ─相馬御風と小林秀雄─ 若松英輔

III. 時代別 発掘・勾玉の美

拝観情報

IV. 考古学からわかる勾玉の変遷と広がり 瀧音 大

V. 出雲 玉作りの里

拝観・観覧情報

VI. 勾玉を愛した人々 探検家にして、好古家 松浦武四郎の勾玉頸飾 静嘉堂 松浦武四郎コレクション

明治30年代 鶴堂(7代目嘉納治兵衛)の勾玉 白鶴美術館 海原靖子

至高の個人コレクション

魅惑の原始宝石、翡翠の勾玉 白洲信哉

古美術商の参考書 勾玉

糸魚川のいま

古代鏡に秘められた世界

金色の研究 「印金」 謎の技法を求めて

美術店案内マップ

骨董市・骨董フェア情報

展覧会情報

次号予告

美の仕事 第53回 甍堂 青井義夫さんの勾玉。 平野啓一郎

勾玉の珍品も見られる! 展覧会

魯山人の「和の美」を問う

TOPICS

参拾参ノ月 山法師 冨田洋子作花器

目の眼